圧延加工とは

冷間圧延は金属表面を酸化させずに、精度良く圧延できることが魅力!
その冷間圧延ロールの間隔を少しづつ縮めて、何度も金属板を通して箔にしていきます。

薄さはなんと0.001mm[1ミクロン]

(参考:市販アルミ箔12ミクロン)

2段圧延機

シンプルな構造でありながら、ロール部はとても繊細

(加工サイズ:幅100mm)

ロール部

この輝きがリカザイの技術を支えています

20段圧延機

コイル状の金属箔の製造に使用します
入り組んだロールの隙間を金属箔は瞬時に通り抜けます
(加工サイズ:幅60mm)

ロール部

ふたりひと組の息の合ったチームワーク

『入れ手』から『受け手』へ何度も繰り返します

集中力を要する作業です

通すたびにロールを磨く

絶妙なロール間隔の調整
極薄箔をはがす技術

触っただけで箔の厚みがわかる

当社の圧延箔は高品質で美しく、様々な役割を果たしています

電池

電気の伝導性に優れる素材を薄く圧延し、充電池のコンパクト化を実現

ハンダ

素子を支持固定し微細デバイスを接着

ひずみゲージ

薄箔は繊細な動きにも反応します

力学的センサーとして役立っています

スペーサー

精密機器の隙間や高さ調整に役立っています

板バネ

小型化が進む精密機器の動作部には薄さと精度が求められます

発熱素子

電気ストーブの発熱部には薄く電気抵抗の大きい薄箔を使用

音響

薄く軽量化された振動板は音響機器の重要なパーツです

基準板

高精度の薄板は計測器の基準として用いられます

工程図

リカザイ株式会社|金属の精密圧延箔・板を製作。精密二次加工にも対応。
  • さえずり
  • YouTube
0_shop_org.jpg

copyright©2020 rikazai.All rights researved.

リカザイ株式会社